2017年01月05日

限界でした!と、劣化サヨクVS角が立つと言う日本人の知恵その二、他


 皆様本当に申し訳ありませんでした。
 それと、某氏のブログがここ暫く、と言っても一週間ですが、更新されていない件は

『大丈夫!次のステップへの準備段階に入ったと言う事です!』

 さて、色々な意味において限界に達しておりました。
そしてなんと、四か月ぶりの更新となってしまいました。ご覧のとおり、記事作成日は1月5日(それでも遅い!)ですが、手直しその他をして公表するのが新【年度】になってしまいました。
会社員、福島ボランティア、福島での活動、某氏や、各関係先との打ちわせ、体の事等々、私の能力の限界ですかね。
去年、同僚から、私が会社員で有る事や、私の活動の事、どちらの事も、どちらの立場に対しての言い訳にしてはならないと言われていたのですが、結果は・・・。

 さて、気を取り直して、先ず現在の『戦況』です(本文末にもこの件は追記してあります)。
これについては、前回記事に書いたとおり、日本を愛する皆様や、某氏の絶大なる努力、尽力と、安倍政権の地道な対反日勢力対策とで、反日共の自壊が急速に進んでおります。
 奴らはサヨクと結託して沖縄で騒ぎ、挙句の果てに韓国でも大統領とやらのレームダッグ騒動にまで出張った結果と、某党代表の無様なパフォーマンスお蔭をもちまして、未覚醒層までから
『なんだ、あいつらって!?』
となっていますね。身近にこう言った反応が顕著に見られるので間違いなくコトは進んでおります。
具体的な所では、6・5事変で私に暴行を働いた 島崎ろでぃー こと 島崎巨章(43)は沖縄県警に拘留中に神奈川県警の取り調べを受け、検察に送検されています。
国旗強奪、日の丸棄損犯は、ガサ入れで、お仲間まで徹底的に洗われた上に『逮捕』されました。
しかし、沖縄県警での取り調べの合間にっ て、神奈川県警の相変わらずの状態には呆れるばかりです。
さて、劣化サヨクと日本人のの比較の件ですが以下の意味です。
【だれの目にも明らかな反日勢力の醜態】 
前章において、劣化サヨクについて弱者を利用対象とか、使い捨てと書きましたが、日本再生への入門者の方々のために“補強説明”をしておきます。
前回記事の引用で三島由紀夫の文化防衛論を長めに引用した部分、つまり
「日本の社会運動はかつてこのようではなかった。戦前社会問題に挺身した人たちは、全部とはいわないが、純粋な」
の続きにはこうあります。
「全部とは言わないが、純粋なヒューマニズムの動機にかられ」
「同情と正義感によって」
「一種の社会改革という救済の方法を」
と書いていますが、現在の自称リベラルと比較して皆さんはどう感じられますか?

 と、言うより明らか、ではないですか。
 反日勢力は卑怯で姑息で暴力的で嘘吐きの似非左翼ですよ。
島崎ろでぃー1.jpg
卑近では無くなってしまった例ですが『保育園落ちた日本〜』の件ですが、このブログ主の世帯収入が話題になりました。ブログの表記どおりだとしたら1千万近い所得の世帯の可能性があるとネットで炎上した途端に
『書き間違い』とか姑息で反吐が。
訂正するのなら『かくかくしかじかの年収で、結果1万5千円の児童手当と云々』言う発表もなされていない上にプロ市民だとか?とか活動家だとか?身バレネタ以降はダンマリです。
大体、炎上騒動になってからツイッターで書き間違いとか言うのでは無く、自国に滅びろと言った訳ですから、もっと詳細且つ根拠のある数字と、証拠を提出すべきなのにそれもしていない。
『あ〜ぁ!この子の将来が心配だ。あの親にしてこの子が・・・』にならい事を祈るばかり、無理だな。
何も個人情報まで発表しろとは言いません。因みに私の個人情報は反日勢力の間で流通してますが(笑)。
それに、この手の記述は、本当の事をポロッと書いてしまうものですよ。証拠は私です。書かなければ良い事を勢いで書いて後で赤面するとか。

 大体、『子育てをする親』『生活者』『市民』とか『消費者』“様”(笑)はそんなに偉くて、必ず尊重されなければならない、高貴な方なんですか?
恥ずかしながら『子育てをする親』以外は、私も当てはまるし、多くの日本国民の皆様は全て当てはまる訳ですよ。


 閑話休題。一方、日本人:過去の反日勢力が居ないに等しい時代の日本人は、弱者の気持ちを思って、黙って、出過ぎず、しかし、自ら陰に手を差し伸べ、それでも弱者がどうにもならない窮地に至れば弱者の為に無私の奉仕や庇護を提供して来たのです。
そこには、弱者、弱者とわめき、本来の、そおっとしておいて欲しい人達をも、無理矢理自分より前面に立たせ、批判の弾除けにして、補助を!配慮を!援助(金)を!と、自分の手は一切汚さず、一滴の汗もかかず、自己顕示欲の為に喚く奴らとは一線を画した世界があります。
女優の沢村貞子さんをご存じですか。この方は戦前と大東亜戦争時の日本の基準では『左翼』でした。
勿論、現在の日本固有種の、似非左翼、自国を貶める反日左翼とは懸絶した本当の基準での『真の』左翼です。拝察するに、共産主義者でもありません!下記にご自身の記述がありますが、それが根拠です。
そして、今の基準で言えば、沢村貞子さんは、日本女性らしい粋な日本人でしか無い(こう言った方に左翼とかリベラルとかと言う称号=レッテル張りで利用するのも、醜い日本固有種サヨクです)。
さて、自らが「芝居ものの娘が……」と言われながらも、沢村貞子さんは著書の『私の浅草 (暮しの手帖エッセイライブラリー)』か他の著書の中で、昔のお妾さんと呼ばれる方々に下町の住人が思いやりを持って接する様や、恵まれない人への思いやりの様を描いているそうです、さりげなくです。
そして同じく著書の『老いの楽しみ』には次の記述が有るそうです。

>そんな中で、私が思想的な本はいっさい避けて文学書ばかり読んでいたのは、自分が社会運動に向かないことを知っていたからだった。貧しいけれど、住む家、食べるものに不自由しなかった日向の雑草……情にもろい下町娘は、社会に対して厳しい戦いをいどむことはとてもできないと思った。<

>後年、私が治安維持法に触れたのは「真面目に働く人がみんな幸福になるための運動」に心を動かされたからだった。<

どうですか?上述の三島由紀夫の
「全部とは言わないが、純粋なヒューマニズムの動機にかられ」「同情と正義感によって」「一種の社会改革という救済の方法を」と相通ずる記述ではないですか?
そして、沢村貞子さんは特高警察に二度までも逮捕されます。それでも挫けず女優と作家・エッセイストとしてのみならず(これだけで十分凄い!)、更には母として、妻として、主婦としての素晴らしい人生を全うします。
 こう言った心意気を国単位で演じたのが日本です。

白人の傀儡と化した国際連盟を常任理事国の地位を投げ捨てまでも脱退して、出鱈目な誹謗中傷を受けてでも、味方をしてくれる先進国など皆無でも・・・
孤独の戦い、孤軍奮闘、存亡をかけて白人に蹂躙された弱者であるアジア諸国の為に戦うのが『日本人の優しさなのです』

さて、戦況の続きですが、森友学園で騒ぎまくった反日共が馬脚を現しました。
それで更に保守系ブログにDDosアタックとか、馬鹿すぎ、解り易過ぎでですよね。
中山議員の言った件もありますよね。
東北で活動する者として、絶対に許せない事案ですね。
そんな、こんな、色々と敵側から弾薬提供も受けている状態です…今は。

さぁ、真っ当な日本国民は手を繋いでひた押ししましょう!
日本再生の為に、
「先ず手始めに6月5日川崎デモ関連ですかね?」
そこで、冒頭の
『大丈夫!次のステップへの準備準備段階に入ったと言う事です!』
に戻る訳です。

瑞穂尚武会代表 津崎尚道拝

posted by 瑞穂尚武会 at 05:23| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。