2017年06月04日

再び日本浄化の戦術と反日勢力への挽歌 (2)


 皆さんお久ぶりです。
反日勢力への挽歌と言うより葬送曲、と言う本題の前に少々…。

 先ず横浜地方検察庁(川崎出張所)を含む諸君!
せめて、告発状を
「読んでから!差し戻した方が身のためだよ!」
日本再生大和会が『漫然と告発資料を送付してると』甘く見てるだろう(笑)
その結果、貴官らは、理由書を最初の2ページすら読んでない事が確定した!
確証が残る方法で送付してるんだよ。
極めて残念な【国家公務員】だ、落胆の限りだ!
大体読まずに不受理にする理由が解るんか?千里眼か?恥ずかしくないか?
公務員ともあろう者が職責に何の誇り…否、義務すら感じない奴らだったとは残念至極だ。

 次です。
実践してますか?レッテル貼り!
戦っていますか?掃討戦!
掃討戦については、ある意味、民進、共産、マスゴミの皆さんも応援して呉ていますよ。
反日さんが騒げば騒ぐほど、自身の馬脚…というか卑怯で間抜けな偽善者の正体が広まるだけですよ。

例えば、『置屋に通う元政務次官』とか、『漫画で分かる共謀罪??』とかも、ドンドン拡散して未覚醒層を啓蒙しましょう。共産党漫画1.jpg
↑ネット(普通の日本人)の声
とある日本人:プ〜、クスクス!こんなので騙される方がアタマおかしい
とある日本人:まだやってるの?この手の漫画とか、国連の方から来ました詐欺とかバレてるのに
とある日本人:共産党トップは東大出じゃなきゃなれない、幹部も国大出身なのに質が落ちたな

 そうです、これが私たちの掃討戦です。
ただ、掃討戦はそう簡単では無い事を日本を好きな皆様に認識して頂きたい。
掃討戦は敵影が見えないだけで、其処彼処にブービートラップがあり、何時、ゲリラ奇襲を受けるかも知れない、正規戦より危険な戦いです。注意して手を繋いでひた押ししましょう、日本浄化の為に。


 本題です。2年程前のユ・ミンホと言う韓国人ジャーナリストが書いた『日本の内面の風景』のブックレビューを紹介します。
引用開始>>
 日本の少数エリート養成所「松下政経塾」で学んだ著者は、日本の「ソフトパワー」の見本として、東京・銀座の三越デパート地下にあるワインバーを挙げる。ワインでぎっしりの小さな売り場、ほんのわずかな無駄も許さない <中略> ソウルで、こういう場所をすぐ思い浮かべられるだろうか。

 「日本は落ち目」「韓国は日本をとっくに追い抜いた」というような認識は危険極まりない、と本書は語る。「韓国人は、日本人が韓国を理解しているほどには日本のことを知らない」と指摘する。日本の「ハードパワー」はもたついてしまったが、その間にソフトパワーは周到綿密に勢力を拡大した。

 また日本は、安倍首相のような政治家数人だけが動かしている国ではない。無言の「衆知」が示す方向に従って一糸乱れずに動き、一度それが始まってしまうと「おしまい」だという。
<<引用終了、強調引用者

そう「おしまい」だよ。だから掃討戦開始と言っているんです。
日本人座敷童説や日本人妖精説と言うのも有りますし。

 しかしこの本とレビューの組み合わせは、著者のみならず、レビュアーにも恵まれた、まぁ韓国では奇跡的な出来事ですね。
松下政経塾とかハード、ソフトのパワー云々の部分はともかく、日本の事を正確に分析出来る人がまだ韓国にいるとは驚愕の事実です。
先ず最初に、無言の「衆知」が示す方向に従って一糸乱れずに動き=つまり、私が散々指摘している、反日サヨクや他国の領海、領空にミサイルをブチ込む反日国家?の出鱈目が、SNS等の発達で日本人に周知されたと言う事です。
それと、日本人の気質を良く理解している。先ず前述の、日本人座敷童説や日本人妖精説。
次に、日本人は『不当に貶められる事』と『偽善・怠惰』を許さないし、これに抗する為には精強無比にして類稀な団結力を発揮します=これが一糸乱れず動くと言う意味です。

さらに『日本人は極限まで我慢するが、限界を超えると【恐ろしい】』と、かのチャーチルも言っていた事=反日勢力のおしまい…と言う事です。
上述について、補足しますと、例えば、韓国は多くの工業原料や資本財、燃料、果ては海運の(保険)保障までもを、日本からの輸入、融資、つまり【日本の企業】に頼っている。
正に外患誘致その物!
一方で、ワロス曲線で外為信用ゼロ、燃費不正とスマホ爆弾でFTA相手のアメリカからも世界からも信用ゼロ。
海運ダンピング、インド人船員虐待で全ての信用を失って、結局は反日しながら日本に縋り付く。

 ここで、先に書いた、日本を好きな皆様の掃討戦が生きてきます。日本国内の(領土侵略の現行犯に利する)外患誘致勢力を徹底的にレッテル貼りその他で糾弾する。共謀罪も間もなく使える様になるでしょう。
日本国内の外患企業、反日勢力と戦う事で、日本依存の反日国家や、(敵国条項を削除せず)日本のカネで反日する国連を潰す事が出来ます。
何も、我々が直接手を汚す必要はない。日本を護る運動で戦う事が、反日勢力、ひいては世界中に害悪を及ぼす劣化コミンテルンをも壊滅に直結するのです。外患誘致罪は日本浄化の手段であり、目的ではありません。

以上が私が余命さんと行動を共にする理由です。


今までは、情報が捏造隠蔽されていただけ。
首を洗って待つ事ですよ!日本発の世界の正常(清浄)化を。コミンテルンの成れの果ての皆さん。

【日本再生大和会代表拝】
posted by 瑞穂尚武会 at 14:18| Comment(0) | 世界浄化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。