2016年07月18日

今の東京都民は幸せ者である。

東京都民は、都知事選において、桜井誠と言う、従来の自称保守とは『一線を画した候補者』に【投票する権利】を有しているからだ。
現在、我々のおかれて居る立場は、【消極的な消去法】で、与党を名乗る自称保守に投票するしか無いのが実情だ。

『自称保守』とは【政治屋】つまり『職業的政治稼業』ばかりに成り果ててしまっている。
だから、敵対勢力と対決しようともせず、票=各種議員や地域首長の『椅子を得る為』には何にでも阿って(:おもねって)、そして逆に、何の信念も、主張もないまま自分の名前を連呼するだけの【抜け殻】で居られる・・・。

「本人が皆様にご挨拶に伺っております〜」
云々の科白、台詞を聞く度に、背筋で多足類(虫)が蠕動する錯覚に襲われるのは私だけだろうか?
車窓から半身を乗り出し、必死の作り笑いで手をふる【政治屋】候補を見る度に、見ては為らない物を見た様な、罪悪感を感じはしまいか?
残念ながら、これが日本の政治の実態だった。此処には、何らの主張も、覚悟も有りはしない。
そして、自称保守の『推薦とやら』で当選した舛添なる者の惨憺たる行状。
川崎市、神奈川県も同じくである。政治を語り主張する候補者など皆無で、【消極的な消去法】を行わざるを得なかった。
投票したい候補が皆無=どれだけの惨状だ。

だが、少なくとも、【今の東京】は違う。
反日マスゴミには表面的には無視され、今までは、散々執拗なレッテル張りと中傷を浴びせられながらも、一歩も退かずに戦って来た人物が起った。
どんなに叩かれようが、一貫した主張で戦って来た者が候補者となった。
そして、ともすれば、平和ボケした選挙民から『白い目で見られる』主張であっても【堂々と主張する】候補者が居るではないか。

此処に来て、初めて、東京都民は政治家を志す人物、もっと突き詰めれば【投票したい】候補者を得た。

以上が、私が『今の東京都民は幸せ者である。』と言う理由である。

文責:瑞穂尚武会 代表
posted by 瑞穂尚武会 at 16:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月07日

6.5攻守転換後の【戦略と戦術】

今後、日本を再生のために、我々はどう戦いを展開すべきか。

前号で予告の通りに戦略、戦術に分けて記載し、さらに当面の具体的な動きの一部についても記載する。

【転換点後の戦略】
徹底的な逆張りを戦略とする。
これは、投資家が一般的に使用する場合とは、意味が違う。つまり
『反日勢力が今まで使ってきた手法』で、
『反日勢力に逆襲する』事を戦略とする。

【転換点後の戦術】
反日勢力は、今まで権利、平和、弱者、差別、救済云々と喚きながら、そして、ヒステリック・マイノリティが騒ぎ立てる事で、政府、マスゴミ、司法等に浸透、浸食してきたの訳だが

『同様の手段を我々も取る』だけである。

ただし単に騒ぎ立てるだけでは効果は薄く、反日勢力と同じ側面に落ちるだけである。最大の攻撃戦果を得る為には、理論的に且つ、極力法律を駆使して攻撃を行う事である。
幸いに、ヒステリック・マイノリティが騒ぎ立てたお蔭で、攻撃のポイントのお膳立ては出来ている(具体例は後述)。
そして、攻撃方法は多角的な波状攻撃である。さらに訴訟よりは告発の方が波状攻撃の手段としては有効である(訴訟は手間暇・資金がかかる)。
それには、当会会員のみならず多くの方の協力が必要であるが、準備はほゞ整いつつある。
そして最後に訴訟を行う。6.5川崎事変により多くのネタが揃っているので、対象には困らない。
中から効果の強い事案・対象を選んで一つずつ潰して行けば良い訳である。

【具体的な方法・時期】
上記三点の内、告発より更に簡単に出来る事があるのでこれを先行する。
前述のお膳立てが出来ているとは『人権擁護委員会』等の事で、私はすでに人権問題を訴えていて既に本省で審査されている。

これに6月5日の件を付け加える。
反日勢力が人権、人権と騒ぎ立てた勢力のお蔭で、6月5日の明らかな人権侵害を訴えれば法務省は受け付けざるを得ない。

次に前述の告発を行う。対象は6月5日関連で数人ピックアップしてある。これに加えて鳩山元総理は必ず告発してやる。
『射撃照準レーダー照射』と言う戦闘行為を行った国に対して沖縄を売りとばす発言を繰り返してているのだから当然の事である。

3番目の攻撃は、当然『告訴』になる。
6月5日の関係者を時系列順に告訴を目指すのは当然だが、現在さらに面白いネタ(対象)の情報がさる筋から入って来る可能性が高いので、この件が先行する場合もあり得る。バックに反日勢力の頭目がいる可能性が強く、お祭りになる可能性が大きい。

さて、以上を行う時期だが、法務省、告発は東京都知事選の時期にぶつける事となるだろう。
告訴については、今しばらくの時間を要するので後刻皆さんにお知らせしたい。

【皆さんへのお願い】
何をやるにしても反日勢力がやってきた様に『多数の意見』と言う形を取る必要がある。
これについては、近日中にある方から要請が出る可能性があるので、少々お待ち頂きたい。

以上、文責:瑞穂尚武会代表
posted by 瑞穂尚武会 at 05:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月27日

攻守が入れ替わった6.5川崎事変

今回の記事の真の意味は、表面上の
川崎市長の公園使用不許可
神奈川県警の非合法カウンターの放置
有田ヨシフの道交法違反
等々では無く(勿論、個々の事案としては非常に重たい件ではあるが)、
それ以上に『非常に重要な事実が日本国民に提示』された事である。

つまり『反日の主要メンバーが【総出で】デモを妨害した』と言う
事実が『反日マスコミにより、【一般国民に披瀝】された』事により
『多くの日本人が日本の異常な状況に気付いた』
と言う事実が重要であり、さらに異常な状況を作り出してきた反日勢力が、

【日本の敵と看做された事が6月5日の川崎デモが転換点になった=攻守が入れ替わった】とする所以である。

次回記事は【転換後の戦略・戦術】


瑞穂尚武会の活動を支援して頂ける方に以下の口座を案内いたします。
御支援宜しくお願いいたします。

ゆう貯より振込み
【記号】10940
【番号】19248571
瑞穂尚武会(みずほしょうぶかい)

ゆう貯以外からの金融機関の場合
【店名】〇九八(ぜろきゅうはち)
【店番】098 【預金種目】普通預金
【口座番号】1924857
瑞穂尚武会(みずほしょうぶかい)
posted by 瑞穂尚武会 at 07:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。